10代20代の恋愛塾 

恋愛のお悩み解決ブログです。真剣恋愛からワンナイトまで、たくさんの経験から学んだすべてをお話しします。

遠距離恋愛がうまくいかない原因はたった一つ!

遠距離恋愛が続かない人は間違いを犯している!


みなさんは遠距離恋愛の経験はありますか。

遠距離恋愛は思っている以上に大変です。

好きな人に気軽に会うことができないので寂しいですし、相手が何をしているかわからない状況は不安になります。

しかし、それでも好きな人と恋人関係を続けたくて遠距離恋愛を続けてしまうものです。

そんな遠距離恋愛ですが、実は成功率が高くありません。

結婚までできるのは全体の28%で、3カ月以内の破局率が35%もあります。

半年以内だと6割も破局してしまうそうです。

やっぱり遠距離恋愛は難しいなんて思いがちですが、遠距離恋愛がうまくいかない原因はたったの一つです。

 

 

1.相手のことを考えすぎるな!

遠距離恋愛の失敗原因はズバリ過干渉です。

遠距離恋愛で破局した人のほとんどが相手に干渉しすぎてしまいます。

最初は相手に会えないので寂しくて連絡をたくさん取るだけなのですが、その感情は後に不安感へと変貌します。

会いたいからとたくさん連絡をするうちに、相手も連絡をなかなか返さなくなってきます。

用事もあるでしょうし、単純に面倒くさいだけかもしれません。

しかし、返事が返ってこないことが不安感を煽るのです。

向こうは寂しがっていないんじゃないか、自分なしで楽しんでいるのだろうか。

そうして、最終的に浮気を疑いだします。

 

浮気を疑いだした男性がとる行動は一つ、「束縛」です。

今何をしているのかを報告させたり、ひどい場合だと遊びに行っている状況を時計付きで写真に撮らせたりします。

連絡の数も以上に増え、連絡が返ってこないと浮気だと勝手に断定します。

そのくせ、浮気だと決めたからと言って別れるわけでもなくただ拘束するだけです。

言い方が悪いですが、プライベートに勝手に干渉して縛ってくるような男を好きでい続ける女性はいません。

一度自分の行動を振り返ってみてください。

 

2.遠距離恋愛で失敗する人がやりがちなミス

遠距離恋愛で失敗する人の多くは相手のことを知りたがります

確かに、頻繁に会えない分たくさんのことを知りたくなる気持ちはわかります。

しかし、自分といないときのことばかり聞いても仕方がありません

自分といないときに誰と遊んでいるのか、連絡の返事が来ない理由とか、そんなことを聞いたことで何になるのでしょうか。

今電話している、目の前にいる彼女を大事にしてください。

 

また、知ってもどうしようのないことを聞きたがります。

相手が男性で仲がいい人とよく飲みに行っているとします。

たしかに不安な気持ちはあるし、終電逃したりしてたら心配になります。

しかし、それを知ったところでどうすることもできません。

やめるように言ったところで、本当にやめているかはわかりません。

浮気をしているようだったら話は別ですが、相手の友達にまで干渉するのは問題です。

 

そんなことよりも、一緒に過ごせる時間を楽しみましょう。

自分がいないところで何をしているかではなく、自分といるときに何をしているかを考えてください。

だからといって、相手に無関心なのもNGです。

相手が楽しかった話を聞いてください。

こんな友達がいて、こんなことをして遊んでいるよ。

そんな楽しい思い出を共有し合いましょう。

 

また、ただ何となく付き合っているだけではいけません。

遠距離恋愛だからこそ、ゴールをしっかり意識する必要があります。

何をゴールにするかは立場によって変えてもいいです。

例えば大学生なら、卒業したら一緒の地域で働きたい。

社会人なら、3年後に結婚したいなどです。

遠距離恋愛において、ただ漠然と付き合うことは時間を浪費してしまいます。

会える時間が短いからこそ、目的を決めて共に頑張るようにしましょう。

 

3.程よい距離感を意識しよう

遠距離恋愛において距離感は非常に大事です。

気軽に会うことができないからこそ、日常のやり取りで仲を深める必要があります。

しかし、人によって異なるので頻度がなかなかつかめないと思います。

そこで、今回は遠距離恋愛でうまくいく距離感の目安を紹介します。

 

交流

主にラインでのやり取りになると思います。

基本的には毎日ラインし、返せるときに返すスタンスが無理なく続けられます。

また、電話は週1~2回ほどするのがおすすめです。

文面だけより、相手の声を聴く方が安心できます。

電話だと相手の感情もわかるので話がスムーズになります。

遊ぶ頻度ですが、遠距離恋愛の平均は1~2カ月に1回のようです。

ただし、距離が遠すぎる場合もあるので自分たちの都合を優先しましょう。

間違っても会う頻度を自分の予定に合わせてはいけません。

お互いで話し合って決めましょう。

 

長期休み

まとまった休みをとれるチャンスなので積極的に遊びに行きましょう。

特に旅行がおすすめです。

仲が親密になりますし、中間地点に行けばであればお互いの負担を減らすことができます。

 

また、遠距離恋愛では相手に依存しないことが必要になります。

そのために大事なのは今の環境を楽しむ努力をすることです。

自分がした楽しい体験を相手に話すことで、恋人も今の環境を楽しむ努力ができます。

お互いがそれぞれを楽しんで、会っている時間も楽しめるならそれは幸せなことではないでしょうか。

ただし、異性と仲良くしている話はあまりしすぎると相手も不安になるし、相手も同じように異性と仲良くしすぎる可能性があるので注意してください。

 

お互いが好き同士で恋人になっていて、距離の壁を乗り越えると決めて付き合った恋愛です。

よっぽど他の異性と何かは起こらないです。

お互いのことを理解し合い、支え合いながら自由に今の環境を楽しんで恋愛をしましょう。

 

 

4.まとめ

遠距離恋愛は非常に大変で、寂しさや不安感がつらいです。

ですが、それでも付き合いたいと思った気持ちは素晴らしいものです。

お互いが自立しつつ心の距離を縮めるチャンスだと思いましょう。

また、ただ何となくではなく将来を意識した付き合いをしましょう。

他の恋愛よりも明らかにたくましく、心のつながりが深い恋愛をすることができます。