10代20代の恋愛塾 

恋愛のお悩み解決ブログです。真剣恋愛からワンナイトまで、たくさんの経験から学んだすべてをお話しします。

多くの人が勘違いしている、マッチングアプリでデートに誘うタイミング!

デートに誘うタイミングがわからない?


最近マッチングアプリを始めた友人によくされる質問で、デートに誘うタイミングがわからないというものがあります。

また、LINEはどのタイミングで聞けばいいかわからないということも聞かれます。

確かに、タイミングを間違えたらそこでやり取りが止まってしまいます。

最悪の場合、返信が返ってこなくなるかもしれません。

 

しかし、相手も出会いを目的にアプリを利用しているのでデートが嫌なわけではありません。

会話の盛り上がりに欠けている、もしくは不自然な流れで乗り切れていないだけなのです。

 

 

1.デートに誘うタイミングを伺うな!

多くの人は、ある程度仲良くなって誘いやすくなったらデートに誘おうと考えているかもしれません。

確かに、デートに誘う前にある程度仲良くなるのは大切です。

相手からの警戒心を薄くしたり、実際に出会ってから話しやすくすることができます。

しかし、誘いやすい時を待って誘うという考えはマッチングアプリでは間違っています。

 

マッチングアプリはほとんどが文面でのやり取りです。

普段の会話と異なり、テンポが悪く内容は濃くなりがちです。

一通のメッセージで2つ以上の話題がある中で無理にデートの誘いをすることは不自然であり、相手に警戒心を抱かせてしまう可能性があります。

 

ですので、デートに誘うタイミングは待ってはいけないのです。

タイミングを伺うのではなく、自分から流れを作り出すべきなのです。

ある程度会話で話を盛り上げたら、デートに誘いやすい話に流れを誘導します。

マッチングアプリという出会いを求める人が集まる空間では、スマートさが他の人との差別化につながるのです。

 

 

2.自然な流れの作り方

デートに誘うのが上手い人は、結果を焦らない人です。

マッチが成立してやり取りが開始すれば、実際に会ってみたい気持ちが強くなると思います。

100通のメールより一回の会話のほうが重要、なんていうくらいですからね。

しかし、会いたい気持ちが空回りしてしまうと女性に警戒心を与えてしまいます。

「デートをすることが目的」だと思われてしまうと、下心を感じ取られてしますのです。

 

ですので、まずはお互いのことをある程度知りテンポ感を合わせることに集中しましょう。

慣れるまではやり取りを始めてから2週間はデートに誘うのは我慢してください。

2週間相手のことをしり、会話を盛り上げることに専念すれば実際に会ってからの会話も困らなくなります。

 

LINEを聞くタイミングについてですが、デートの約束をした時で大丈夫です。

LINEだろうがマッチングアプリだろうが、やり取りが続く人はどの媒体でも続きます。

ただし、デートの約束をしてからはデートをするまでにはポイントがあります。

それは、デートは誘ってから1週間以内にすることLINEを交換したら通話をすることです。

 

約束してから日が経ちすぎるとモチベーションが下がってしまいます。

不安と期待感を煽るのにちょうどいい日数が1週間です。

また、実際に声で会話をすると相手の人柄が分かる(正確には分かったような気になる)ので、安心感を与えることができます。

デート当日までは、モチベーションを上げながら相手の不安感を取り除くようにしましょう。

マッチングアプリでの会話の盛り上げ方は下記記事をご覧ください。

www.yossy-renai.com

 

3.誘導テクニック

 

ここでは、すぐに使える誘導テクニックを2つ紹介します。

①趣味と休日を絡める

-趣味の話題をする

ここは好きな話題で大丈夫です。

確認でも、最近の調子でも大丈夫です

-趣味の頻度を確認する

どのくらいのペースで趣味を楽しんでいるのかを聞きます。

頻度の確認により、予定の空きに話をつなげます。

-土日の過ごし方を確認する

土日はずっと趣味なのか、暇をしているのかを聞きます。

予定を確認することで、何となくデートを匂わせます。

-空き予定で遊びに誘う

空いてるなら遊ぼうと自然な流れから誘いましょう。

相手の趣味と関連がある誘いが自然です。

 

②趣味から食べ物の話題に移行する

-趣味の話題をする

ここは好きな話題で大丈夫です。

確認でも、最近の調子でも大丈夫です

-趣味と関連する食べ物の話をする

概念でも大丈夫です。

あのアイドル焼肉すきなんだって!くらいで問題ありません。

-好きな食べ物を確認する

相手の好きな食べ物を確認します。

ベタな流れですが、食べ物の話題は盛り上がります。

絶対に、相手の好きなものの否定派しない様に。

-印象に残っている料理の話をする

最近食べたものだったり、食べたいものを聞きます。

自分から、この前食べた刺身が絶品だった!なんてのもありです。

-飲食店の話をする

こんなお店があるよ!という紹介です。

もしくは、そんなお店あるんだ!ですね。

ここも、飲食店の話題でデートを匂わせます。

-話題にでた料理屋さんに誘う

話題に出た飲食店や、料理のお店に誘います。

せっかくなら一緒に、のフレーズがおすすめです。

 

4.実際の誘導の流れを見てみよう

-パターン1

 

-----------------------------------------------------------

カフェ巡り好きなんですね。

>はい、しょっちゅう行っています!

いいですね!毎週いっているんですか?

>そうですね、土日はいつも行ってます。

じゃあ、土日の朝食はモーニングなんですね。

カフェのあとは何してるんですか?

>何もしてなくて、ずっとカフェにいます。笑

>植物園に行きたいと思ってるけどなかなか一歩が出なくて。

カフェ漬けなんですね。笑

カフェ巡りしている人の行くカフェ気になります。

よかったら今度一緒にカフェに行きませんか?

そのあと植物園付き合いますよ!

-----------------------------------------------------------

-パターン2

-----------------------------------------------------------

アウトドアが好きなんですね!

最近何されたんですか?

>富士山登ってきました!

富士山すごいですね!

そういえば山頂で食べるカップ麺っておいしいですよねー。

>すごい分かります!

>沸点低くて麺が固いのも好きです。笑

それわかります。笑

アウトドア好きならBBQとか好きですか?

>超好きです!

>お肉大好きです!

お肉好きならシュラスコってわかります?

この前行ったんですけど、めちゃくちゃよかったです!

>シュラスコ気になってます!

>この辺にあるんですか?

結構近くにありますよ!

よかったら一緒にどうですか?

 -----------------------------------------------------------

5.まとめ

いかがでしょうか。

デートに誘うには、タイミングを伺うのではなく自分から作り出すこと大切です。

ただし、事前にきちんと仲良くなっていないと実際にデートしてからが大変になります。

デートに誘うのが目的にはならないよう、恋人づくりにつなげていきましょう。